2018年08月10日

ホットスポットで病院へ

8月1日の午後。
ふとざくちんを見ると、右おしり(尻尾の付け根あたり)を気にしている。
もしや?と毛を掻き分け、チェックしてみると。

べろりと剥けた、傷口発見。

こりゃあ去年もやったアレだな?

ただ今回はノミとかではなさそうだし、傷口の状態もまだ流血はしていない。
しかしすぐさま病院へ。

IMGP1350.JPG

ざくちん担当医の院長先生が夏休み休暇中で、
初めての先生だったため、去年も同じような状態になったことを説明。
カルテを見返しながらの診断はやっぱり急性湿性皮膚炎、別名ホットスポット。
幸い去年よりは早く発見できたみたい。

IMGP1352.JPG

処方も全く同じ。
かゆみ止めのステロイド注射と1週間分の抗生物質と抗ヒスタミン剤。

IMGP1354.JPG

もう薬も全部飲み終わったし、傷口も乾いて気にしなくなったし、完治しました。

しかし2年連続で罹患……これはどう防げばいいのかなあ。
今度院長先生に聞いてみようっと。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 00:07| Comment(0) | 病院&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

体重測定と肛門腺絞り

フィラリアのお薬は毎月もらいに行く派です。
その際、簡単な問診と体重を計測してもらえるから。

IMGP0258.JPG

6月末の体重は、4.7kg。
えええー、増えてるじゃん!

IMGP0255.JPG

……うん、そういうことですよねー。

そして最近わたしがやってもなかなか肛門腺が出なかったのだけれど、
先生に聞いてみたらやっぱり溜まっていたらしく、きっちり絞ってもらいました。
なんか、ペースト状になっていたらしい。

年とともに水気が失われるのかしら……とほほん。




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 22:29| Comment(0) | 病院&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

血液スクリーニング検査

IMGP8635.JPG

今年もフィラリア投薬開始に合わせて血液スクリーニング検査に行ってきました。

IMGP8664.JPG

IMGP8663.JPG

ばらつきはありつつも全て基準値内。
ほっ。

IMGP8640.JPG

とはいえざくろさんももう10歳。
日々チェックを欠かさずにいこうね。




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 00:58| Comment(2) | 病院&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする