2018年08月10日

ホットスポットで病院へ

8月1日の午後。
ふとざくちんを見ると、右おしり(尻尾の付け根あたり)を気にしている。
もしや?と毛を掻き分け、チェックしてみると。

べろりと剥けた、傷口発見。

こりゃあ去年もやったアレだな?

ただ今回はノミとかではなさそうだし、傷口の状態もまだ流血はしていない。
しかしすぐさま病院へ。

IMGP1350.JPG

ざくちん担当医の院長先生が夏休み休暇中で、
初めての先生だったため、去年も同じような状態になったことを説明。
カルテを見返しながらの診断はやっぱり急性湿性皮膚炎、別名ホットスポット。
幸い去年よりは早く発見できたみたい。

IMGP1352.JPG

処方も全く同じ。
かゆみ止めのステロイド注射と1週間分の抗生物質と抗ヒスタミン剤。

IMGP1354.JPG

もう薬も全部飲み終わったし、傷口も乾いて気にしなくなったし、完治しました。

しかし2年連続で罹患……これはどう防げばいいのかなあ。
今度院長先生に聞いてみようっと。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 00:07| Comment(0) | 病院&ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。